不動産物件販売から購入までの流れ その1、田舎暮らしは千葉房総で。



素敵な田舎暮らしはヨコオ住販で

ヨコオ住販HOME > 不動産相談室トップ > 第七回 不動産物件販売から購入までの流れ その1


第七回 不動産物件販売から購入までの流れ その1

advice07

皆様より頂くご質問の中で、より多く頂くご質問への回答として掲載させていただきます。今回は不動産の販売から購入までの仕組みの概要を掲載させていただきます。

1.物件が売り出されるまで

一つの不動産は、どのような経路をたどって販売に出されているのでしょうか?販売に出される理由は、

1.住み替え
新しく家を建てた等。

2.必要が無くなった
都心に住む息子夫婦と同居することになった、使われていない畑等

3.競売及び任意売却

4.商売としての売却

等が上げられます。

1、2の場合、売る事になった物件は、一般的には不動産会社へ販売を依頼します。しかしながら最近ではネットオークション、あるいは自ら雑誌に掲載される方も増えているようです。販売を依頼する不動産会社が決まると、話し合いの上販売価格を決めます。そして依頼を受けた不動産屋さんが主体となり、販売活動に入ります。不動産屋さん数社に販売を依頼する売主様もいらっしゃいますが、売主様が個人の方の場合、一社にお任せしているケースが多いようです。逆に売主様が不動産業者さんの場合は、数社に依頼するケースが多くなります。

3の場合、抵当権者との話し合いとの上、物件を売って得たお金を借金のお支払いに充当する形となります。大抵の銀行、保証会社はまず任意売却を進めます。物件の所有者と任意売却することで合意が得られない場合、競売となります。任意売却の場合、抵当権者が販売価格を決めるケースが多いようです。競売の場合、裁判所にて土地家屋調査士に売却基準価格の根付けを依頼し、入札された金額の最高順位者に売却となります。

4の場合、上記理由などにより販売に出された物件を不動産業者さん、あるいは一般の方が販売用に仕入れたものを売り出したものとなります。

2.みなさまが日頃拝見されている物件情報の種類

物件の販売を依頼された不動産業者さんは、不動産流通に物件の情報を掲載いたします。特に販売を一社に任せられている場合は、不動産流通機構(レインズ)への物件掲載を義務付けられております。この不動産流通には、レインズやアットホームなどがございますが、これは業者専用の情報で、一般の方は見ることができません。また、自らが売主となっている不動産屋さんも、売主としてこの流通に情報の掲載をすることができます。

当社の場合、
1.売主様から販売の依頼を受けた不動産屋さんが流通に掲載した物件

2.売主様から当社が直接売却の依頼を受けた物件

3.自らが売主となっている物件

などの掲載がございます。1の場合、条件の交渉などにつきましては、依頼を受けていらっしゃる不動産屋さんを通して売主様との交渉をさせていただくこととなります。
この場合、依頼を受けている業者さんとお客様が直接交渉はできません。また、1の場合と2の場合で、お客様にお支払い頂く手数料は同額となります。3の場合、仲介手数料はかかりません。当社が売主の場合、中古物件の場合、物件販売価格の建物分に関しましては消費税が課税されますが、販売価格は内税表示となっております。

NO.2に続きます。